ORANGE TEA

アクセスカウンタ

zoom RSS “頭のよい子が育つ家”って。

<<   作成日時 : 2006/10/11 02:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

“頭のよい子が育つ家”という言葉に
思わず反応してしまいました。

この、とてもインパクトのあるタイトルに関することが
先日謀テレビ番組で、取り上げられていたのです。


では、どんな家!?って思いますよね。
何か特別なのかな?


内容は、住宅コンサルタントが有名最難関中学に
合格した家庭を調査した結果、浮かび上がったこと。


頭のよい子どもに育つのに必要なのは
立派な個室ではなく
家族とのコミュニケーション
なのだそうです。


画像



受験のときは、親は気を使って
静かな環境を整えてあげたいと思います。

そのために必要なのは、子ども部屋・・・
と考えがちなところ。


でも、調査の結果によると、難関中学合格者のお宅では
個室ではなくダイニングテーブルやちゃぶ台で
勉強している子が多かったそうです。

また、子ども部屋に閉じこもらず
お母さんのところへ行きたいと思えば
お母さんのところへ、といった
好きなときに好きなところへ行く“回遊性”があるそうです。

意外ですが、家庭内の雑音があるダイニングで
勉強するほうが、集中力が備わるとか。



最近の受験では、回答が記述式であることが多く
総合的な力量が試されますが
それに対応する力は
教科書の暗記だけでは到底会得できません。

同様に時事問題も、家族と会話することにより
日常から接することが大切。


具体的に面白いと思ったのは
リビングの壁にホワイトボードのように
書き込みができる素材を使用し
誰でも自由に落書きできる空間の存在。

取材されていたお宅では、
さりげなくホワイトボードが置かれていて
公式が書かれていました。

地球儀をさりげなく置くのも定番らしい。
勉強道具が日常に溶け込んでいる感じでした。



さて、我が家に置き換えて見ると・・・

勉強は以前からリビングです。←狭かったから。

でもそれだと、フルタイムで働く私としては
夕飯の準備が出来ない。

そこで、新築するにあたりどうしても希望したのが
キッチンから見える勉強するスペース。

画像
私も机に向かうことが多いので、
ダイニングとは別に机が欲しかったのです。
奥にパソコンが置いてあり、
くるっと振り向くと机になります。

隣でブログを書きながら
キッチンから子どもの様子を見ながら
夕飯の支度をする。

う〜ん、よしよし!
↑これで、勉強が出来るようになるわけでは
ないのが悲しい・・・。


この話、難関中学合格者が頭のよい子という
定義そのものにも疑問はありますし、
賛否両論多々あると思います。

でも、いいなと感じたのは
大切なのは、家族のコミュニケーションだという点。

家の広さ狭さに関係がないという点です。

どんな家でも、環境をつくることができるのです。


我が家が子どもに望むことは、
一人で生きていく力を身につけること。
できれば、自分のやりたいことを見つけて
そのために努力できるようになって欲しい。

勉強の楽しさをわかってくれたらな〜と
思うのですがね〜。

生まれるまでは元気でいてくれれば、
と思いつつ、大きくなってくるとあれもこれもと
望むようになるのはいけませんね。

画像
     も売れているようです。

なんでも注文建築のモデルルームとか
今後はマンションも登場するとか。


へーベルさんも、0701仕様でいかがでしょう?(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【無料レポート】爆発的なパワーを生み出す集中力の鍛え方
集中力に関する無料レポートです。ではどうぞ☆ビジネス、試験、恋愛、そのほかあなたが望んでいるものを手に入れるために必要なパワーは「集中力」。 これを鍛えれば、同時に「成功力」も養われ、人生恐いものなし! この無料レポートを読んであなたも集中力アップ♪★集中... ...続きを見る
無料レポートの図書館
2007/04/11 21:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
子供部屋。うちも二人の子供のために用意しました。しかし、私自身が生まれてから結婚するまで自分の部屋というものがなかったので「贅沢ちゃうん?」って複雑な心境です。成績は別として、テレビがついたままの居間のダイニングテーブルやコタツで受験勉強していた私としては、個室にこもって勉強したからといって必ずしもはかどるとは思いません。いろんなタイプの人がいるので全てがそうとは言えませんが・・・家族のコミュニケーション、ほんと大切ですよね。
とももも
URL
2006/10/11 23:15
小学生の間はそれでいいと思うのです。
うちも狭い家だったのでリビングで勉強してました。
家族4人がリビングで生活してましたから(笑)。
でも高校受験を控えてやっぱり個室は必要だと思っています。個室じゃなくてもいいんだけど、みんながテレビを見ている部屋では無理です。それでも集中できるのが実力だと言われれば返す言葉はありませんが・・( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ
kako
URL
2006/10/11 23:31
ともももさん、こんばんは。

子供部屋、今は当たり前の
時代ですね。
うちも5.5畳ほど用意はしました。
ただし、リビングとキッチン横を
通過しないとたどり着けません。
これも、コミュニュケーションを
重視してです。(笑)
るん♪
2006/10/11 23:51
kakoさん、こんばんは。

そうそう!これは小学生の話です。
勉強もそうですが、ある程度の
年齢になったら、一人の時間も
必要だと思います。
子供部屋は作ってあげられるなら
作ればいい、でもたとえ用意して
あげられなくても小学校時代の
勉強に差し支えないよ、と
受け取りました。

小さいうちに勉強する力がつけば
その後も何とかなるかな
とも思います。
るん♪
2006/10/11 23:58

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
“頭のよい子が育つ家”って。 ORANGE TEA /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる