ORANGE TEA

アクセスカウンタ

zoom RSS 音に関すること。《その5》

<<   作成日時 : 2006/08/09 19:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

横の空間の音が気になる理由。

ひとつは、建物の機密性の高さでしょうか。
建築中もでしたが、家具やカーテンが入る前は
特に声が良く響くな・・・と、感じていました。

もうひとつの理由は、扉だと思います。

我が家のリビングと寝室の境の扉、
若世帯玄関ホールから事務所へ、
親世帯へは共通して
片開戸があります。

開戸の場合、下に隙間が存在します。
画像

常時換気システムに対応するためアンダーカット仕様になっており
床面から建具底まで12mmの隙間があります。
これだけ空いていますから、音が良く聞こえるわけです。


主寝室の間仕切壁は、簡易遮音です。
これ、標準仕様です。

それだけで十分だと思っていました。
扉に関しては、ノーチェックでした。

もちろん防音や簡易遮音建具はあります。

楽器があるような音楽室や
ホームシアターで大音量で映画を見る予定だったら
壁も防音にして、扉まで考えたと思うのですが…。

思うに、引戸を採用していれば
もう少し違ったかな〜?

上下間の生活音に関しては、大抵の場合思いつくし
間取りの段階でアドバイスしてくださると思います。

でも階段は要注意。
階段の近くに寝室をもってくようなプランは
普通は提案しないと営業さんは言っていましたが、
我が家のファーストプラン、親世帯主寝室は階段の隣でしたよ。


吹き抜けを採用されて
家族の気配を感じながらの生活、
特にお子さんが小さい時期は
それもい〜な〜と思います。

吹き抜け空間の声や音は聞こえていい音ですが、
扉や壁は本来仕切るために存在するので
そこの部分では
必要以上に音は漏れてほしくはありません…と思うのです。


ちなみにトイレは防音仕様なので、確かに静かです。
浴室も防音シートを貼ってあるためか
全く気になりません。ご安心を〜。

画像


そして、音の話はまだ続きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
るん♪さん、こんばんは。

生活音って、気になり出すときりがないですよね。
私は正直、あまり気にならないタイプ。(笑)
元々、隙間だらけの家に住んでいたので、子供達の声もゲームの音も聞こえ放題だったから。
今でも、子供の声等聞こえると安心しちゃうのです。(勿論ウルサイ時もあるけど)
後数年したら、この騒音ともお別れかもしれないと思うと、ちょっと寂しさを感じます。
私のPCデスク前の壁の反対側は息子の部屋。
夜、PCを打っていると、息子が壁をノックします。私もノックし返すと、安心するようです。小さいな交流ですが、結構良いな♪と思っています。
って・・・
キーを打つ音も聞こえる程、壁薄いんですね。(爆)
ヌシ
2006/08/09 20:53
ヌシさんも書いておられますが、音に関しては個人差がすごく大きいみたいです。
前に住んでいたマンションでも騒音問題はよく議題に上がりましたが、気になる人は気になる、そして出て行った(笑)。でも気にならない人は平気なんですよね。難しい問題だと思いました。
kako
URL
2006/08/10 19:13
ヌシさん、こんばんは。

気になると書きましたが
どちらかというと、
“気づいた”に近い感覚です。
音が全くしなかったら
逆に寂しいですよね。

息子さんとのやり取り、
とても心が温かくなりました。
小さな交流ステキです。
るん♪
2006/08/10 21:37
kakoさん、こんばんは。

本当に難しいと思います。
ただ出て行くわけには
いかないので・・・。
自身の反省も込めて
書いてます。
るん♪
2006/08/10 21:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
音に関すること。《その5》 ORANGE TEA /BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる